太陽光発電発電の非常(独立)コンセントって何?

太陽光発電システムには災害や停電の際に非常用言言として使用可能なコンセントが備わっています。
電気が使えない状況でも晴れて太陽光が出ていればパワーコンディショナーの自立運転機能を使って電力を利用できます。
非常コンセントの場所はパワーコンディショナーを屋内に置いているか屋外に置いているかで異なります。
屋内においている場合はパワーコンディショナーの側面に大体は備わっています。
屋外の場合ですとパワーコンディショナーと別に老化の足元や屋外に設置されていることが多いです。
もし設置場所がわからないという場合は、販売店若しくは工事店に確認を取りましょう。
非常用の電源は1,500Wが上限となりますので、使用する電気機器の容量には気をつけてください。
自立運転モードの操作方法はメーカーによって異なりますので、使用する場合は付属の取り扱い説明書を必ず読んでください。
また災害時に使用する場合は安全のため主電源ブレーカーは切っておきましょう。
次に太陽光発電ブレーカー(商用電源)を切ります。
これは取り扱い説明書に指示がなくても必ず切るようにしてください。
ONにしたまま操作してしまうと電気系統に重大な事故を起こすかもしれないからです。
どちらのブレーカーもOFFにしましたら自立運転モードに切り替え、接続機器を非常コンセントに接続すればOKです。
42円物件の希少価値について!42円分譲の入手方法は?

太陽光発電発電の非常(独立)コンセントって何?